マカの効能

マカはなぜ体にいいのでしょうか?
マカは「アンデスの高麗ニンジン」とも呼ばれるほど強壮作用に優れています。ホルモンバランスが崩れると体力低下が起こりますが、マカは滋養強壮をはじめ、持久力の強化、男性性不能症の改善、また月経サイクルの正常化、更年期障害や慢性的疲労症候群を含む女性ホルモンバランスの調整などに効果かあるといわれています。

古くより生殖能力を強化する目的で医学的にも利用されてきましたが、その能力については現代科学が実証するところとなっています。

これがマカが「天然のバイアグラ」と呼ばれる由縁といわれています。なによりマカを世界各国へ広めたのは、その精力剤としての人気によるところが大きいと言いといえるでしょう。

ステロールを豊富に含有していることから、ボディービルダーの間ではマカをアナボリックステロイドの代替品として多く利用されています。

粉状にすりつぶされた乾燥マカはカプセルに入れられ、アメリカやヨーロッパではスタミナ維持や性機能強化のためのサプリメントとしてー般的に販売されています。

ペルーのハープ医学界では、伝統的な利用法のぼかに、貧血、結核や胃ガンの治療、さらに記憶力の向上用としても活用されています。

マカは南米のペルーにあるアンデス山脈の厳しい自然に約2000年前から栽培されているアブラナ科の植物です。一方でマカは標高4000m以上の極度に厳しい環境である山岳地帯に生息するため、抜群の栄養価を持ち『アンデス薬草の女王』とも呼ばれています。

マカの効能

そんなマカの成分が入ったサプリメントは男性には性的にいろんな効果があるんです。ただ単に夜の営み中の持久力が高まるだけでしょうか? また性的な効果以外に身体の健康への効果は?

マカのサプリについていろいろ調査してみると、持続力というか、しっかりと硬くなってくれる様です。
健康食品的なものですので、むやみにたくさん食べ過ぎない限りは、特に変化は出ないように思うとの愛用者の声が多いようですね。

そんな驚異的な生命力を持ったマカに、高麗ニンジンエキス、杜仲薬など各主成分を配合した小林製薬の「マカex」はいつまでも精力的に活き活きしたい男性におすすめしたい健康食品の一つです。

▼▼▼小林製薬の「マカex」公式サイトはこちら▼▼▼
小林製薬の野菜粒

精力減退を抑えるためには・・

中高年になると、精力の減退を自覚しはじめる男性が多いですよね。原因は、男性ホルモンである「テストステロン」の分泌が徐々に降下していくためです。

女性の場合は、閉経後に女性ホルモンが急激に落ち込んで更年期障害を引き起こしますすが、男性にも緩やかなかたちで同様の障害が現れます。

インポテンツ(勃起障害)には、自律神経障害やストレスが原因で性的不能になる機能性インポテンツと、ホルモンの分泌や神経、性器などに病的な疾患がある器質性インポテンツの2種類があります。

器質性インポテンツには、ベニスの海綿体の機能のうち、主に血管に異常がある場合と、神経の伝達経路に異常がある場合の2ケースがあります。

いずれも泌尿器科で受診することをおススメします。精力減退とともに、体のだるさや疲れやすさ、のどの渇き、体重減少、インポテンツを伴うような場合は糖尿病の疑いがありますので。

糖尿病は、血液中からプドウ糖を細胞内に取り込む働きをするインスリンの分泌が不十分になる病気です。細胞に十分なエネルギーが取り込まれなくなると、脱力感や疲れ、だるさが起こるほか、神経障害や運動障害、知覚神経障害、自律神経障害を引き起こします。

インポテンツも、この自律神経障害によるものですので予防・改善方法としては、男性ホルモンであるテストステロンの分泌量を上げるためにビタミンEが効果的です。ビタミンEは抗酸化作用によって細胞の老化を遅らせる効果があるため、「若返りのビタミン」とも呼ばれています。

性ホルモンの産生や性腺の働きを活発にするのはミネラルの亜鉛です。精子の材料であり、精子の運動性を向上させるセレンの摂取も効果的です。

またLアルギニン(アミノ酸)も精子の数を増やします。血管拡張作用によってペニスを含めた全身の血行をよくするので、血行不良による勃起障害にも有効です。サプリメントとして活用することがおススメです。ハープでは、イラクサにテストステロンを増やす働きがあります。

逆に、タバコやアルコールの飲みすぎ、カフェインの摂りすぎは精力減退のもとです。
食事改善や適度な運動によって、体調を調えることが基本です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ