マカとは

マカは、体の持久力を増し精力を高める天然のバイアグラといわれ、南米のペルーにあるアンデス山脈の標高の高い高地で栽培される宿根性植物で、太古の昔から球根状の根を薬用や食用として利用されてきました。

約2000年前のプレインカの時代からアンデス地方一帯で栽培されていましたが、同じアンデス産の農作物の中でも栄養価が最も高いことから、現在でも貴重な産品のひとつに数えられています。

マカの栄養成分としては炭水化物、プロテイン、食物繊維、脂肪などがあり、多量の必須アミノ酸をはじめ、鉄分、カルシウム、リノール酸、パルミチン酸、オレイン酸といった脂肪酸、さらにステロールも豊富に含んでいます。

なかでもアミノ酸のバランスにすぐれており、体内に必要とされているアミノ酸を多く含んでいます。

こうした栄養素に加えてアルカロイド、タンニン、サポニンも含有しており、また、芳香性の「イソチオシアネード」の含有もわかってきています。

マカはなぜ体にいいのか?

さらにマカは「アンデスの高麗ニンジン」とも呼ばれるほど強壮作用に優れています。
ホルモンバランスが崩れると体力低下が起こりますが、マカは滋養強壮をはじめ、持久力の強化、男性性不能症の改善、また月経サイクルの正常化、更年期障害や慢性的疲労症候群を含む女性ホルモンバランスの調整などに効果かあるといわれています。

古くより生殖能力を強化する目的で医学的にも利用されてきましたが、その能力については現代科学が実証するところとなっています。

これがマカが「天然のバイアグラ」と呼ばれる由縁といわれています。なによりマカを世界各国へ広めたのは、その精力剤としての人気によるところが人言いといえるでしょう。

天然のバイアグラといわれているマカはこちら!

ステロールを豊富に含有していることから、ボディービルダーの間ではマカをアナボリックステロイドの代替品として多く利用されています。

粉状にすりつぶされた乾燥マカはカプセルに入れられ、アメリカやヨーロッパではスタミナ維持や性機能強化のためのサプリメントとしてー般的に販売されています。

ペルーのハープ医学界では、伝統的な利用法のぼかに、貧血、結核や胃ガンの治療、さらに記憶力の向上用としても活用されています。

マカには副作用があるのでしょうか?

マカは自然界の食物のため、安全で副作用が無縁と考えている人がいるかも知れません。しかし、マカは大自然の食べ物であると同時に、肉体に様々な効能を与える生薬としての作用があります。

そのため、大部分の西洋薬や漢方がそうであるように、異常な摂取や個人の体質・体の調子によってはマカの副作用が出ることがあります。病院で処方される薬には、必ず副作用の説明があるものの、マカやサプリメントは健康食品のため、副作用等の表示責任はありません。

そのため、マカの摂取を検討するご自身が、予めマカの副作用を知っておく必要があります。ここではマカの副作用、およびマカを服用してはいけない人について、解説しています。

マカには、いくつかの副作用があります。第一にマカは食物のため、食物アレルギー症状が出る人がいます。また、マカは中枢神経系に作用するため、ストレスやイライラ、不安といった症状改善に効果があるものの、体質によっては効き過ぎたり、相性の悪さによって不眠や頭痛といった痛みが出ることがありますのでご自分の体に合っているか様子をみながらお試しされることをおススメします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ